読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gyoblog

The image improvement committee of Gyoooooza.

どの都道府県で先生になりたいか?

教採

アウトプットし曜日(金曜日)は、飲み会の機会が多く怠けてしまいました。反省。
金曜日は飲む機会も多いので、水曜日に変えてやろうかなと思います。

さて、本題です。

最近、大きな悩みを抱えています。
教員採用試験をどこの都道府県及び政令指定都市で受けるかについてです。

東京都の採用選考の実施要網が発表されました。
とうとう、過去3年間よりも小学校教員の募集人数が減って、
1000人(それでも他と比べれば多い)になりました。

このことから、
「団塊世代教員の大量退職による新規大量採用」が終了してしまったと考えられます。
試験方法の変更点として、
「論文試験の文字数を1500文字から1000文字、時間を90分から70分に変更」となります。
つまり、今までの傾向が違う可能性があるということです。

このように、受験第1候補地であった東京が厳しい条件になってしまいました。

そして、現在発表をしている他の地域は逆に募集人数がここ3年より多くなり、
逆にチャンスが広がったのです。

単純に考えると他の地域を受ける方がいいのかなと思ったりします。
しかし、同じことを考える人はいると思うので、
東京以外が、逆に倍率が高くなるような気がしてならないのです。
それを考えると、しっかり対策をとって、
東京都で勝負すべきなのかなと思ったりして、堂々巡りしてしまいます。

あぁ、どうしよう。
結論無しです。

続くかも?